子どもの低身長の基準は?上手に身長を伸ばすコツ

低身長 基準

 

子どもの低身長の基準は?

 

子供の発育は個人差があるもので、早いうちから成長期に入り、身長が大きく伸びる子もいれば、そうでなくゆっくり成長期を迎え、20歳頃まで大きく身長が伸びる子もいます。もしも、極端に身長が低いと感じることがあれば、低身長かもしれません。

 

低身長というのを明確に意識するのは、学校の保健の先生から可能性があることを告げられるパターンが多いようです。多くの児童を見ている保健の先生は、身体測定などで何か異常が見られた場合には教えることも大切な役割として持っています。そんなことはないと否定するのではなく、一度しっかり検査を受けてみたほうが良いでしょう。

 

医学的な低身長の定義は、同年齢の平均身長よりも標準偏差-2以下という場合になります。これは割合で言うと、100人中2〜3人という非常に低いものです。ただ、これは同年齢の子供たち全員との比較によって決定されるもので、地域などによっても違いがあるので注意しましょう。

 

成長曲線からどれだけ乖離しているかがポイントになるのですが、ほとんどの場合が、体質や環境などの問題です。治療は成長ホルモン投与などによって行うことができますし、標準範囲内にすることも可能ですが、対処が遅れるとどんどん周囲の子たちと差が開いてしまいますので注意しましょう。

 

低身長によって健康上の問題が生じることは特にありませんが、ホルモンの分泌や反応に問題がある場合には、後々に何かの問題が生じる可能性があります。また、体の発育は子供たちの精神の成長にも大きな影響をもたらすので、健康上問題がないからと放置するのも良いとは言えません。必要に応じて、相談にも乗り、サポートをしてあげる姿勢が大切です。

 

低身長を疑ったら何科へ行くべき?

 

子供の背が低いとついつい心配する保護者もいると思いますが、この低身長というのは基本的には統計的な身長の平均値からどのくらい外れているかで決定されます。同じ年齢の子の平均身長より、-2標準偏差以下というのがひとつの基準となっているので、常に一定数は存在することになります。

 

正確には成長曲線からの乖離具合で測るわけですが、成長曲線とは、ある決められた年度に、男女別に集計した子供たちの身長や体重の変化をつないで曲線を作ったものです。母子健康手帳などでお母さん方は見たことのある方が多いでしょう。

 

身長の成長が標準的な範囲から大きく外れていなければ問題はありませんし、逆に外れている場合には速めに病院で検査し、必要に応じて治療を始めておくと良いでしょう。

 

もしも低身長が疑われても、実際に治療が必要な子の割合は5%程度だと言われているので、そこまで怖く考える必要はありません。多くの場合は生活指導などで様子を見ますし、成長と共に心配要らなくなることもあります。

 

ただ、ホルモンの分泌などに問題がある場合はしっかり対処しておいた方が良いでしょう。一般的には、小児内分泌科や内分泌内科などの診療科に専門の医師がいるので、そういったところに相談すると良いでしょう。小児科では、必要に応じてそういった専門の病院を紹介してくれることもあります。

 

低身長が気になる場合は、一度相談に行ってみるのもひとつの方法です。子供が身長について強く意識する前に、親がサポートできるのが一番良い対処ではないかと思います。

 

低身長の治療内容は?

 

医学的に「低身長症」であるという診断は、しっかりと検査によって確かめられる必要があります。

 

そして、低身長症と判断された場合には、その原因に応じた治療が行われます。

 

主な原因は成長ホルモンの不足など、ホルモンの分泌や代謝によるものです。こうしたケースでは、成長ホルモンを注射などで投与します。経口摂取もできなくはありませんが、基本的に胃で成長ホルモンが分解されるために効果があまりなく、直接投与の形を取ります。

 

成長ホルモン治療が有効な低身長症の場合には、早い段階で治療に入るのが良いとされています。そして、骨の成長が止まるまで継続して治療を行う必要があります。ほぼ毎日問うよを続けていくことになり、インスリン注射などのように在宅でも注射できるように工夫されています。成長ホルモン治療は、病気のないようにより健康保険が適用されるので、そこまで費用が高額になることはありません。

 

軟骨異栄養症の症状として、軟骨無形成症や軟骨低形成症が見られる場合には、骨延長手術が行われることがあります。

 

こういった治療によって身長を伸ばすことは可能ですが、あくまで長期間続けながら、標準的な身長の範囲内にすることが目的であり、それ以上を望むのはなかなか難しい状況があります。また、人間の体の構造上、思春期を過ぎてから成長ホルモンを投与してもほとんど効果がないため、できるだけ速い段階から始めて、長期に渡って治療を続けることが大切です。しっかり治療を続けていれば、標準的な範囲の成長には届くことが多いようです。

 

低身長の治療ができないケースがある?

 

極端に身長が低いならしっかりと検査をして低身長であると診断されます。しかし、低身長と診断されても成長ホルモンの投与治療が出来るのは全体の約5%となっており、ほとんど、治療が必要ない、もしくは治療できないと判断されます。
ですが、やはり親御さんからしたら気になるところだと思いますので、今回は低身長に関してどうやって対策することができるのかについて説明します。

 

そもそも人には個性があるので身長の伸び方に関してもペースがあります。ですが親としては子供のことは常に気になるはずです。友達の身長が急に伸びたりすると不安になってしまうはずです。
ちなみに少し身長が小さめということで低身長にはなりません。同年代の子供と比べると身長の伸びが極端に低いということで診断されます。ちなみに医学的には同じ年齢の平均身長より、-2標準偏差以下の場合というのが定義となっています。
解りやすく説明すると同じ生年月日の子が100人並んで前から2番目までの子が該当するということになります。

 

そもそも原因というのは何かというと体質、栄養不良、成長ホルモンや甲状腺ホルモンの病気、肝臓や腎臓の異常という原因もあり様々です。ちなみに血液検査によって低身長かどうかはわかりますので不安な方は調べてみるといいでしょう。

 

そこで成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断されれば成長ホルモン投与の治療が可能になります。では、治療が出来ないということになったらどうすればいいのかというと、食事の見直しやサプリメントなどを利用するといいでしょう。

 

身長を伸ばす!成長期に摂るべき栄養素

 

人間の体がもっとも成長するのは思春期とも言われる第二次成長期で、この時期には成長ホルモンが多く分泌され、性差をいっそうくっきりと現すと共に、体が大人の体へと変化していきます。

 

この急激な体の変化のウラでは、多くの栄養が必要となるのですが、その中でも不足しやすいのがカルシウムです。

 

日本は先進国でもカルシウム摂取量が低い国となっていて、普段から意識してカルシウムを摂取しないとすぐに不足してしまいます。多くの食品に実はカルシウムが添加されているのですが、それでもリンやマグネシウムとのバランスが大事で、実は摂取量ほども吸収されていないということがよく起こります。それで摂取量も少ないのであれば、不足してしまうのは当然と言うことができるでしょう。

 

また、成長のために必要不可欠な栄養素と言えばたんぱく質です。たんぱく質が不足することは日本人の今の食生活では少ないのですが、たんぱく質の摂取のために摂取している食事の中で、多くの脂質を摂取していることがあります。脂肪が多くなってしまうと、それによってホルモンの分泌や作用がうまく行かなくなるので、成長が阻害されてしまいます。極端はよくありませんが、高たんぱく、低カロリーを意識して食事をするのが良いでしょう。

 

こういったことを考えると、乳製品や大豆食品を積極的に摂取していきたいところです。これらの食品は良質なたんぱく質を低カロリーで補給でき、かつミネラルも豊富と嬉しい食品です。体を作るということで、単純に肉食になってしまわずに、こういった食品を選んで食べることがバランスの良い成長に有効です。